台風接近による「ナイトセミナー」の延期のお知らせ

台風20号の接近に伴い,公共交通機関の障害も予想されるため,23日(木)に予定されていました「ナイトセミナー:膝関節障害に対する理学療法の基本(柘植先生)」を920日(木)に延期させていただきます.

お手数をお掛けしますが,参加を予定されていた方がおりましたら,その旨をお伝え願います.

なお,講演開始時間は他のナイトセミナー同様に18:30に受付を開始し,19:00から開始させていただき,20:30に終了予定です.

広告

卒業生の活躍(呼吸リハサイエンスフォーラムのご案内)

中部リハの昼間部2期生の卒業生である佐野裕子先生(Respiratory Advisement Ys’)が,「第13回呼吸リハビリテーションサイエンスフォーラム」の大会長を務められます.

著名な講師による盛りだくさんの講演が企画されております.興味のある方は,ぜひご参加下さい.よろしくお願い致します.詳細はこちら(13th Program)をご参照ください.

平成30年度 卒後研修会 開催のご案内

【第1回 卒後研修会】                                                

日 時:平成30128日(土)140017151330~受付開始)

内 容:「股関節機能障害と姿勢・歩行」

講 師:建内 宏重 先生(京都大学大学院医学研究科)

【第2回 卒後研修会】

日 時:平成3129日(土)140017151330~受付開始)

内 容:「肩関節変性疾患の運動療法で知っておきたいバイオメカニクスとその応用」

講 師:村木 孝行 先生(東北大学病院)

 場:中部リハビリテーション専門学校 5階講堂                                                               

受講費:同友会入会5年以内;無料,同友会入会6年以降;1,000円,会員外;3,000

     (受講費は各回受付時に頂戴いたします)                                                     

 員:100名  *中部リハビリテーション専門学校の卒業生以外の参加も可能です.

詳細はこちらをご参照ください。PDF(H30卒後研修会案内(QRコード入り) (1))                                                            

※※申込が必要です。研修会案内(H30卒後研修会案内(QRコード入り) (1))に記載されたQRコードを読み取り、必要事項を入力し申し込みを行ってください。もしくは、以下のURLから、必要事項を入力し申し込みを行ってください。

第1回はこちら↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfS3_droVJcTFRAI99BeODMwFL1kF4xqRjJTGwUR1Vt-9hBSg/viewform?c=0&w=1

第2回はこちら↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfOHX3WnK9CFc3zHi-va8z6McvSOWONET_JEJeDiDUlOtkmog/viewform?c=0&w=1

「解剖学で斬る神経疾患」(中野隆編集)が改訂されました

機能解剖で斬る

 昼間部の1期生から解剖学の講義でお世話になっています,愛知医科大学の中野隆教授が編集され,2011年に出版された「解剖学で斬る神経疾患」が,この度,新しい項目が付け加えられ,第2版となり出版されました

 本書では基礎医学の知識を単に暗記するのではなく,形態と機能を論理的に理解することで,臨床に役立つ知識になることを強調されています.したがって,その内容は基礎的な解剖学,生理学や運動学の知識をいかに臨床症状の理解に役立たせるかが明確となり,まさに生きた知識,活用できる知識が満載です.

 今回の第2版でもその基本コンセプトは変わりなく,新たな項目が付け加えられました.

 中でも我々理学療法士の接することの多い,末梢神経系は大幅に改定されました.胸郭出口症候群では新しい疾患概念の解説も加えられています.従来の胸郭出口症候群は,「斜角筋症候群」,「肋鎖症候群」,「小胸筋症候群」,「過外転症候群」,「頚肋症候群」と狭窄部位,肢位,解剖学的変異に応じて分類されていました.このため病態の理解が複雑になっていましたが,最近の概念では,非特異的に加え神経性,動脈性,静脈性,外傷性とその原因による分類が紹介されています.

  また本書の楽しみの一つは「Coffee Break」などで語られる,Romberg氏が多彩な文化人であったことや,Parkinson氏が地質学者であり恐竜の発見者にもなっていること,印象派の画家Monetの白内障の進行を加味した鑑賞法など,単に解剖学の知識にとどまることなく,知的興味の広がりがふんだんに取り入れられています.

本書を通して中野先生の座右の銘でもある「学無止境」の精神を体現してみてはいかがでしょうか.

https://www.medicalpress.co.jp/books/sikeikeisikkan-2

(同友会会長 村上忠洋)

 

故 保村 譲一先生 「お別れ会」のご報告

210日(土)に故保村譲一先生の「お別れ会」が同友会主催で,開催されました.
雨にもかかわらず全国各地から約100名の同窓生に加え,同窓生以外の方にもお集まりいただき,無事,開催されました.
これも生前,保村先生が,学生や卒業生に親身に寄り添って,教育に取り組んでこられた証かと存じます.

平成29年度 第2回卒後研修会・卒後症例検討会のご案内

日時:平成30年3月31日(土) 15:00-17:30

講師:阿部浩明先生 (広南病院)

テーマ:急性期から進める治療効果を意識した歩行トレーニング

会場:中部リハビリテーション専門学校

参加費:同友会入会5年以内;無料、6年以上;500円、会員外;1,500円

問合せ先:中部リハビリテーション専門学校

(052)461-1677 教務 畑迫茂樹